過払い金の計算について

過払い金というのは、しっかりと時効がありますから、一度でも消費者金融から借りたことがあるのであれば、早めに計算をしておくべきです。

そして、過払い金があるのであれば、可能な限り、返還請求をするべきです。



ちなみにあくまで過払い分のみであり、実はそんなに大した金額にならないことも多いです。


要するに超過分のみなわけですから、元本の数倍、というような状況にはなかなかならないです。

但し、かなり長い間利息だけ支払ってきた、という状況であれば、それはあり得ます。

なお、問題の原因となったグレーゾーン金利は既に撤廃されていますから、これから急増することはないです。

あるとすれば、闇金融ですが、そもそもこれは違法ですから、金利云々の話ではないです。

47NEWSをご提案いたします。

元本すら返済の義務がないことになっています。


しかし、確実に揉めることになりますから、借りないほうが良いです。

肝心の過払い金ですが、自分でしっかりと計算ができます。

要するにいくらで借りていて、いくら多く払ったのか、ということを何かで証明すればよいだけであるからです。

セゾンの過払いに関するお役立ち情報サイトです。

それを相手に突きつけて、返還して欲しい、と文書で通達するだけです。

これで返還してもらうことができます。

相手は正規の金融業者ですから、手続きや書式さえ問題なければ、確実に返して貰うことができますから、それは極めて安心できます。

司法書士などに依頼する手もあります。

但し、これにはそれなりのお金がかかることになります。